So-net無料ブログ作成

めちゃイケの三中オーディション企画のtwitterの反応がまさかだった [TV感想]

どうも。
からっぽちゃんです。

今回のめちゃイケの視聴率はすごくよかったんじゃないかな。
私もなんで、見ちゃったのかよくわからないけど、結果的に興味深かったです、

今回のめちゃイケの企画は
素人でめちゃイケメンバーの「三中元克」、通称「さんちゃん」が、過酷なプロレス企画から逃げ出して、誰も知らなかった相方とコンビでお笑い芸人を目指すことをメンバーに伝えたことから、
素人じゃなくて、「プロ」としてめちゃイケの新メンバーオーディションを受け直すという企画。
ちなみにオーディションは生放送で、視聴者からのTVのdボタンやPC/スマホからの投票で決まり、
合格できなければその時点で、めちゃイケのメンバーから外れることになる。


Twitterでの世間の反応で気になったツイート

“三ちゃんには芸人になる覚悟がないから駄目だと思う”
“三ちゃんは偉そうにしていて、礼儀がなっていなくて、芸人をなめている”
“仕事を途中で投げ出して、責任感がないから芸人になんてなるな”
“逃げてきた人間がお笑いやるとか、なめてんのか”

お笑い芸人って一体・・・

え!?お笑い芸人って、ほんとにダメダメな人が多いんじゃないの?
皆はお笑い芸人に、「責任感の強い、礼儀正しくて、笑いに対して真剣に向き合っていて真面目」なことをもとめているの?
駄目な人が駄目なところをさらけ出して、そこに共感が生まれるから「笑い」が起こるんじゃないの?
そんな完璧な人が共感を生めますか?
「アホヤなぁ~」って笑えますか?

個人的にさんちゃんはあまり好きではないですし、実際面白くはなかったので、不合格は妥当だなって思いました。
面白くなくてもキャラクターとして愛されれば行けたかもしれませんが、
「調子に乗っていて、うざいキャラ」として番組をつくちゃったために、それも無理でしたもんね。
まぁ、実際「調子に乗っていて、うざいキャラ」なのかもしれませんが。。。

まとめ
個人的には三ちゃんはイキってる感じと、謙虚じゃないが好きになれない・・・
ただし、私がお笑い芸人に求めるのは、「面白いかどうか」だけです。
芸人としてオーディションを受ける以上、面白ければオールOKだったんです。

ただ、コンビ結成1年目の10日前まで素人だった人がゴールデンの生放送のバラエティ番組で漫才やって面白いわけないやん。
キャラで勝てるような構成の番組でもなかったし、受かるわけなくない?

なんだろ、三ちゃんをやめさせたかったのかな?

とりあえず、今回驚いたのは、「芸人に人格者」を求めているというか、お笑い芸人という仕事が崇高なものになってきているようなつぶやきが多かったことです。

おそらく番組的に10代の方が呟いているんでしょうけど、
なんか、アラサーにはカルチャーショックでしたよ。

世の中はもっと適当にできてるし、大人は予想以上にグズグズな人が多いんだから、ガッチガチにならなくてええんやでってアラサーは思うよ。
そして、イケメンはやっぱり正義なんだね。。。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。